1. HOME
  2. お知らせ
  3. 裁判で勝てる浮気の証拠の集め方|法的に有効な証拠と集める際の注意点

NEWS

お知らせ

裁判で勝てる浮気の証拠の集め方|法的に有効な証拠と集める際の注意点

パートナーが浮気しているとわかったら、離婚を考えたり、慰謝料請求をしようと考えたりする方が多いですよね。

 

ただし、離婚を有利な条件で進めるためにも、慰謝料請求するためにも、浮気の証拠は必要不可欠です。そして、浮気の証拠とひとくくりに言っても、法的に有効な証拠とそうでない証拠があります。

 

今回の記事では、法的に有効と認められる証拠とはどんな証拠なのか、集める方法はあるのか、自力で証拠を集めるときに注意すべき点などをまとめていきます。

 

裁判でも使える証拠を無事集め、離婚裁判や慰謝料請求を勝ち取りましょう!

 

Contents

浮気の証拠を集める必要性は?

「そもそも浮気の証拠って集める必要あるの?」

と感じている方もいらっしゃるかもしれないので、まずは浮気の証拠を集める必要性について確認していきます。

 

浮気相手とパートナーに慰謝料請求ができる

浮気の証拠があれば、浮気相手に対してと、パートナーに対して慰謝料請求をすることができます。

 

慰謝料の金額は浮気の状況や、浮気によって離婚するかどうかなどで大きく変わってきますが、50万~300万円ほどの慰謝料額を請求することができます。

 

逆に言えば、浮気の証拠が提示できない場合、相手が慰謝料の支払いに応じないこともあり、裁判でも支払い請求が認められないことも多いので、証拠集めは必要だと言えますね。

 

参考記事:浮気・不倫しているのに証拠が無い!慰謝料請求や離婚請求はできる?

参考記事:浮気した夫と離婚しないけど慰謝料請求したい!慰謝料相場と請求手順

 

パートナーからの離婚請求を拒否できる

浮気された結果、パートナーがあなたと離婚して浮気相手と一緒になろうとするケースは少なくありません。つまり、あなたに離婚を請求してくるケースです。

 

浮気したパートナーは加害者であるはずなのに、浮気された被害者だけが悲しい思いをして、加害者たちが幸せになるのはおかしいですよね。

 

しかも、経済的な面や子育ての面でもパートナーと離婚したくない方も多いはずです。

 

そんなとき、浮気の証拠があれば、パートナーからの離婚請求を拒否して婚姻関係を続けることができるのです。

参考記事:浮気されても夫と離婚したくない!その理由と離婚しないために必要な事

自分からの離婚請求がしやすくなる

先ほどのパターンとは逆になりますが、あなたから離婚をしたいと申し出る場合、浮気の証拠があれば、離婚が認められやすくなります。

 

例えば、「あなたにはもう愛情を持っていないけれど、お金が必要だから離婚したくない」というパートナーに対して、浮気の証拠を提示できればあなたからの離婚請求が認められやすくなります。

 

有利な条件で離婚できる

離婚することが決定した場合は、被害者であるあなたは有利な条件で離婚を成立させたいはずです。

 

財産分与や養育費のお金の面で有利に離婚できれば、再スタートを切りやすくなりますよね。

 

そのためには法的に有効と認められる浮気の証拠を掴んで、離婚を有利に進めていくことが大切になります。

 

改心させて夫婦関係を改善しやすくできる

離婚もしない、慰謝料請求も考えていない、という方は夫婦関係を改善させることを望んでいる方だと思います。

 

その場合であっても浮気の証拠は効果的に使えます。

 

浮気の証拠を突き付けられれば言い逃れされることはなくなり、しっかりと夫婦で向き合って話すチャンスができます。

 

証拠が無ければ言い逃れされ、浮気の事実をうやむやにされたり、逆切れされて話し合いにならなかったりすることが多いので、夫婦関係を改善したい場合も浮気の証拠を掴むことは重要だと言えるでしょう。

 

法律的に認められる浮気の証拠とは

冒頭で、「裁判で使える証拠とそうでない証拠がある」とお伝えしましたが、法律的に認められる浮気の証拠とはどのようなものなのでしょうか。

 

端的に言えば、それは【肉体関係を持ったという証拠】となります。

 

法律的には浮気は不貞行為のことなので、キスや手をつなぐこと、二人だけで食事をすることは含まれないのです。

 

それを踏まえて、次の章で法的に有効と認められる証拠の具体例を見ていきましょう。

 

法的に有効な浮気の証拠の具体例

ただ単に浮気の証拠を集めるだけでは、いざという時(=裁判のとき)に使えない恐れがあります。

 

法的に有効な証拠がどんなものなのかを知っておくことはとても大切です。

 

写真や動画

パートナーが不貞行為をしていることを証明できる写真や動画は裁判でも使える証拠となります。

 

浮気相手とともにラブホテルに入っていくところとラブホテルから出てくるところを抑えた写真や動画は効力が強いです。

 

ラブホテルに出入りする際は暗闇であることが多いので、パートナーと浮気相手の両方の顔がはっきり映るように撮ることが肝になります。

 

宿泊が疑われるメール内容

浮気相手とのやりとりのメールで

 

「●●のホテルすごいよかったね」

「また●●(海外など日帰りでは絶対にいけない場所)に行きたいね」

「前に泊まった●●の旅館また行きたいな」

 

など、泊まったことがわかるような内容のものは浮気の証拠として使えます。

 

親密な男女がともに宿泊している=肉体関係を持っている

とみなされるからです。

 

旅館やホテルの領収書もある程度の効力はあるのですが、一人で泊まっただけと言い逃れされますし、相手が誰か断定できないので浮気相手に対しての慰謝料請求の際は使えません。

 

浮気を認める音声データ

パートナーや浮気相手が、不貞行為を認める発言をした音声データがあればかなり強い証拠となります。

 

たとえば

「わたくし●●は×月×日に△△さんとともにラブホテルに宿泊し、肉体関係を持ちました」

と不貞行為を認めた発言をデータとして取りましょう。

 

注意が必要なのは

「わたくしは●●さんと浮気しました。申し訳ございません。」

など、ただ単に浮気したことを発言しても効力はかなり弱まります。

 

きちんと、「肉体関係をもった」ことを発言してもらい、それを音声データとして残しておくことが重要です。

 

浮気を認める書面

書面についても音声データと同様で、不貞行為を行った、つまり肉体関係を持ったことを書面に記してもらえば浮気の証拠としてかなり効力が強いものになります。

 

具体的な日にちや場所、いつから肉体関係を持ち始めたのかを書面にしておくといいでしょう。

 

GPSの記録

最近では、スマホのアプリで相手の位置情報を取得できるものがありますので、もしそのようなアプリを使っていれば証拠として使える場合があります。

 

位置情報でラブホテルに滞在している記録や相手の自宅と思われる場所に滞在している記録があれば、浮気の証拠になるでしょう。

 

ただし、違法に相手のスマホにアプリをダウンロードしている場合は、あなた自身が違法行為を行ったとして訴えられるリスクもあるので注意してくださいね。

 

参考記事:浮気調査に使えるGPSアプリを7つ厳選|GPSアプリの注意点とリスク

 

浮気の証拠で法的に認められないもの

反対に浮気の証拠として裁判では認められないものはどのようなものでしょうか。

 

肉体関係を持ったことが証明できないもの

キスの写真や手をつなぎながら歩いている写真などは、浮気の被害者からしてみれば立派な証拠に見えても、裁判では使えません。

 

根拠のないもの

社内の人間や近所の人からの

「●●さんは不倫していると思います」

という発言だけでは法的根拠としてはかなり弱いです。

 

単なる噂や思い込みである場合もあり、裁判所としては認めることはできないのです。

 

しっかりと根拠のある証拠を集めることが大切です。

 

偽造、捏造が疑われるもの

浮気の証拠写真を撮っても、それが偽造できるものと判断されると法的効力が弱くなります。

 

例えば、スマホで撮影した写真データを証拠として提出しても、相手側から「コラージュや修正を加えているかもしれない」と発言されてしまうと、裁判で認められなくなってしまうのです。

 

浮気の現場写真を抑える場合は、インスタントカメラや一眼レフカメラで撮るといいですね。

 

風俗店のレシートやポイントカード

人によっては、風俗に行くのも浮気ととらえる人も多いでしょう。

 

実際、肉体関係を持ったといえるようなケースもありますが、法律上は風俗に行くことを不貞行為とすることはなかなか難しいです。

 

特に、お金を払ってサービスを受けているので、風俗嬢に不倫慰謝料を請求することもできません。

 

法的に違反な集め方をしたもの

上に挙げた「法的に有効な証拠」だったとしても、その入手の仕方が違法行為を行ったうえでのものだった場合は裁判で認められません。

 

例えば、パートナーのスマホに無断でGPSアプリを入れて証拠を取ったり、浮気相手の家に盗聴器を仕掛けたり、スマホのデータを無断でコピーしたりしたものはNGです。

 

浮気相手やパートナーに慰謝料請求するどころか、あなたが逆に訴えられてしまうこともあるのです。

 

浮気の証拠を集める方法

裁判でも使える浮気の証拠を自力でつかむことはなかなかハードルが高いですが、それでもできることはあります。

 

パートナーの行動を細かく観察

まずはパートナーの行動を観察してみましょう。

 

・最近スマホを肌身離さず持ち歩くようになった

・残業が増えた

・機嫌がいい曜日が決まっている

など、細かいところまで観察してみてください。

 

パートナーの行動日記をつける

行動を観察したら、できるだけ日記にして記録するのがいいです。

 

あとから見返したときに、行動パターンが見えてきて、いざ浮気調査をしようとなったときの大きな手掛かりになります。

 

パートナーの持ち物をチェックする

財布の中やカバンの中は案外浮気の手掛かりの宝庫だったりします。

 

ラブホテルのレシートが入れっぱなしになっていたり、異性へのプレゼントと思われるものを買った領収書が入っていたりする場合はしっかりと写真に撮って記録しておいてください。

 

探偵に浮気調査を依頼する

不倫裁判を起こす、慰謝料を請求する、となった場合は、やはり探偵に浮気調査を依頼するのが一番です。

 

そしてその際に、上でご紹介した日記や持ち物チェックが役に立ってきます。

 

浮気調査にかかる期間や費用を抑えるためには事前情報がとても大切になってきますので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

参考記事:浮気調査にかかる平均的な料金や期間は?抑えるコツを徹底解説

 

自分で浮気の証拠を集める場合の注意点

探偵に浮気調査を依頼するのはちょっと・・・という方は自分で証拠を集めようとされると思いますが、その際の注意点をこの章ではまとめていきます。

 

パートナーに勘づかれないようにする

大前提ですが、パートナーに勘づかれないようにしてください。

 

浮気している本人は、バレないように必死になっているので、こちらが疑っていることを察知しやすい状態にあります。

 

十分注意して証拠集めをしてください。

 

法に触れる方法では集めない

先ほどもお伝えしましたが、どんなに法的に有効な証拠であったとしても、違法行為を行ったことで入手したものは、裁判で認められません。

 

相手のスマホを許可なく勝手に見て履歴を写メで撮っておく、など多くの人がやっていそうな行為でも違法行為になることも多いですので、自分が今やろうとしているのが違法行為ではないことを十分に確かめるようにしてください。

 

使えない証拠ばかりになる可能性がある

自分で証拠を集める場合、これが一番のネックになると思いますが、裁判で使えない証拠ばかりを集めてしまう可能性があります。

 

裁判においては、極端な話、法的に効力の強いもの1個と、法的効力のないもの10個では前者のほうが有利なのです。

 

尾行や張り込みは素人ではほぼ不可能

探偵が行っている浮気調査の方法として尾行や張り込みが有名ですが、それを素人がやることは難易度が高いです。

 

尾行すること自体は可能ですが、ほぼ確実にターゲットにバレてしまうでしょう。

 

探偵に浮気の証拠を集めてもらう際のポイント

浮気の証拠を集めたければプロの探偵に依頼するのが一番安全です。

 

その際のポイントをいくつかまとめておきましょう。

 

安すぎるOR高すぎる探偵には注意する

探偵事務所の中には、相場よりやたらと安い事務所がありますが、要注意です。

 

調査人員を無理に削減していたり、後出しで追加調査の追加料金で儲けていたりするからです。

 

また、「うちは老舗だから」「成功率が他とは違うから」という理由をつけてやたらと高い料金を提示している場合も、かなりぼったくりの可能性が高いですので依頼しないほうがいいでしょう。

 

違法な調査をする探偵は選ばない

探偵であっても違法行為が許されるわけではありません。

 

せっかく高い費用をかけて浮気調査してもらい証拠を掴んだと思ったのに、それが違法調査によるものだったら証拠として認められません。

 

できれば日時と場所を絞って調査してもらう

浮気調査をスピーディーに安く終わらせるためには、ピンポイントで調査を依頼するのが一番です。

 

そのため、事前情報をもとに、日時や場所を絞って調査してもらいましょう。その際に先ほどご紹介した、パートナーの行動観察や行動日記が生きてくるのです。

 

信頼できる探偵に依頼する

調査を依頼するべきかどうか判断に迷ったら、「この探偵は信頼できるか?」という点で見てみてください。

 

やたらと誇大表現が多い人は信用できないですし、無理矢理契約までもっていこうとする人も信頼できないでしょう。

 

失敗しない探偵選びについては、こちらの【浮気調査を探偵に依頼するときの後悔しない選び方と失敗しないコツ】の記事で詳しくご紹介しています。

 

まとめ

浮気の証拠の集め方をご紹介してきましたが、正直言って法的に有効な証拠を自力で集めるのはかなり難しいですのでお勧めはしません。

 

ただし、裁判とは関係なく、相手を問い詰めるためだけに証拠を掴みたいのであれば、行動観察や行動日記、持ち物チェックからでも入手が可能でしょう。(言い逃れされる恐れもありますが)

 

もし、本格的に離婚や慰謝料請求を考えていらっしゃるのであれば、下手に自力で調査しようとして怪しまれてしまう前に、探偵に相談しておくのがおすすめです。

 

当事務所でも、浮気調査や証拠集めの無料相談を随時受け付けておりますので、気になる方は一度相談くださいね。

最新記事